看護部長からのメッセージ

患者さんとご家族、そして職員が、その人らしくあるように

看護部長からのメッセージ
看護部長
刀谷 峰子

大阪府済生会千里病院は、済生会の理念である「施薬救療」を基本とし、生活困窮者への支援を積極的に推進するとともに、地域の基幹病院として一次から三次の救急医療を担い、災害拠点病院・地域医療支援病院・大阪府がん診療拠点病院として、地域に密着した公的医療機関としての役割を有しています。

また、大阪府済生会千里病院の理念は「心のこもった医療」であり、看護部理念は「その人がその人らしくあるように」です。これらの理念のもと私たち看護職員は、患者さんやご家族をありのままに受けとめ、ひとりひとりにとっての最善を追求し、専門的知識に基づいた看護を実践しています。

看護職員の教育には特に力を注いでいます。新人看護職員は、新人看護職員研修ガイドラインに沿った研修を実施しており、毎月1回、集合研修を開催しています。また、認定看護師の育成にも積極的に取組んでおり、毎年新たに1~2名の認定看護師が誕生しています。認定看護師は、チーム医療推進の要になっています。

より良い看護を提供するには、病院が職員ひとりひとりを大事にし、働きやすく、やりがいのある職場環境づくりが重要です。看護部は、「その人らしくある」ための看護実践と看護実践を支える職場環境の充実のため、さらなる飛躍を目指しています。