看護部長からのメッセージ

患者さんとご家族、そして職員一人ひとりが、その人らしくあるように

看護部長からのメッセージ
看護部長
斉藤 律子

大阪府済生会千里病院看護部のホームページへようこそ

当院の看護部は、「その人がその人らしくあるように」の理念のもと、患者さんやご家族をありのままに受けとめ、その人一人ひとりにとっての最善を追求し、誇りと喜びを感じながら看護を行えるよう看護職員一人ひとりを支援します。
より良い看護を提供するには、病院が職員一人ひとりを大事にし、働きやすく、やりがいのある職場環境づくりが重要です。「その人らしくある」ための看護実践と看護実践を支える職場環境の充実のため、さらなる飛躍を目指しています。

不易流行

私たちは、ずっと変わらないこと(不易)を大切にしながら、変わり続けること(流行)を目指します。めまぐるしく変わる社会の中にあって、済生会の使命である生活困窮者への支援、高度急性期・急性期から転・退院への支援を積極的に推進、よりよい看護を提供するために、変化を恐れず挑戦し続けます。

声の届く組織

私たちは、職員一人ひとりが患者さんやご家族だけでなく、同僚や他職種、あるいは日々の業務の中で小さな変化に気づける、その気づきを声に出せる、その声が拾い上げられ、よりよい医療の提供に向けて最善を尽くす、そんな声の届く組織を目指します。

オーナーシップを持ち、いきいきと働き続ける

医療のような複雑な現場では、決められたルールだけではうまくいかないことがあります。
私たちは、困難に出くわしても、なんとか自分で乗り越えようと前向きに考えることのできる看護職の育成を目指します。自分の役割を見出し、一人ひとりがいきいきと輝き、働き続けられる、そんな職場を一緒に作っていきたいと思います。