初期臨床研修のご案内

研修プログラムについて

研修医勉強会

救急症例検討会

毎週水曜日、12時30分からは救急症例検討会を実施しています。
救急症例検討会は各科に周知されているので、業務より優先。
一次救急外来で勉強になったこと、教訓になった症例等を研修医が主体となってディスカッションします。
基本的には研修医が司会、進行を行いますが、初期臨床研修センター長が必ず参加しますので、適宜指導を行います。

CP1

自ら一次救急外来で診療を担当した症例の中から、興味深かった症例、難渋した症例、教訓となった症例などを自由に口答発表し、ディスカッションします。

CP1

CP3

自ら一次救急外来で診療を担当した症例の中から、興味深かった症例、難渋した症例、教訓となった症例などを一つ選び、case presentationを学会形式で発表します。
1年次については、ペアになった2年次が1年次を指導して発表を行います。

CP3

コアレクチャー

毎週木曜日、17時30分からはコアレクチャーを実施しています。(不定期に休みあり)
一次救急外来にて遭遇するような疾患のみかたをメインに院内外から講師をお招きし、実施しています。
講義は座学だけではなく、シミュレータ研修、縫合・結紮、エコー研修といった実技研修も組み込まれています。

コアレクチャー

研修医勉強会

毎週月曜日の業務開始前には研修医が自主的に勉強会を実施しています。
各回、研修医でテーマを考えて、短い時間で密度の濃い勉強会をモットーにしています。
自主的勉強会ではありますが、ここにも指導医の先生が参加しています。