初期臨床研修のご案内

宇田 元

宇田 元

学生生活が終わってから早3カ月が経とうとしています。私の研修医生活は2ヵ月の消化器内科からはじまりました。右も左もわからない状態ですので研修前は不安でした。しかし、困っていることをすぐに察知して親身になって教えてくださる先生方や相談のしやすいコ・メディカルの方に囲まれて、今では毎日楽しく充実した研修生活を送っています。

消化器内科の業務について説明しますと、基本的に午前中は外来患者さんの内視鏡検査、午後は入院患者さんの内視鏡処置や病棟業務を行っています。消化器内科は指導医のフォローのもと、研修医は担当患者さんの治療方針の決定や処置、インフォームド・コンセントなど何でもやらせてもらえます。緊張感が非常にあり、汗もたくさんかきますが、医師になった自覚や喜びを非常に感じることができると思います。


また、当院は先生との距離が非常に近いため、週に3回あるカンファレンスは当然のことながら、いつでも他科との先生に気軽に相談でき、一つ一つの疑問に対して適切なアドバイスをいただけるので非常に勉強になり、安心感があります。

閑静な住宅地と大きな公園に囲まれ、非常に気持ちのいい環境の当院でぜひ一緒に研修しましょう。まずはぜひ一度見学にいらしてください!

医学生の皆さんへ