初期臨床研修のご案内

研修理念・基本方針

理念

済生会千里病院は、地域の中核病院としての機能を担うため「心のこもった医療」を病院の理念として掲げ、患者さんのために、地域のために、心をこめて最高最適の医療を提供することを職員の信条としています。
当院は卒後2年間が、医師として非常に大切な時期と考え、プライマリ・ケアの基本的な知識、診断能力、対応方針を習得することが重要と考えています。また技術面と同様に、患者さんや家族との信頼関係が築けるよう全人的コミュニケーション能力を育み、真に患者さんから信頼される医師を育成していくことが、臨床研修病院としての責務であり、またそれが病院の理念である「心のこもった医療」の提供につながるものと考えています。

基本方針

  1. 診療における基本的な姿勢の習得
    患者や家族と良好な人間関係を構築でき、そのニーズを身体的、心理的、社会的側面から総合的に把握して医療を行うことができ、インフォームド・コンセントを重要視して、理解可能な医療を提供し、守秘義務を守り、患者個人のプライバシーについても配慮します。
  2. 問題対応型の基礎的能力の習得
    個々の患者の的確な情報を把握した上で、できるだけEBMに基づく診療をおこなえる能力を習得します。このために診療に際して自己の能力を客観的に把握して行動できる自己管理能力を身に付けます。
  3. 安全管理
    院内感染対策マニュアル、安全管理マニュアルなどに沿った医療を行う際の基本的な安全管理に関する考え方を理解します。
  4. チーム医療の実践
    病院内で医療チームの一員であることを認識して、他部門のスタッフと協調しつつ一人の患者の医療が行えるようにします。このためには患者の正確なプレゼンテーションがいつも行え、チーム医療に支障をきたさないことが必要となります。また指導医とは密接にコンサルトして個々の診療についての妥当性をいつも確認します。他の医療機関からの紹介、逆紹介についても適切な情報の伝達ができる能力を身に付けます。
  5. 診療計画の策定
    個々の患者について診療計画を作成できる能力を習得します。診療計画はガイドライン、クリニカルパスなどを取り入れて作成し、指導医にコンサルトします。入院や退院の判断が正確にできるようにして、退院後の診療計画などについても作成します。