平成29年度 社会福祉法人恩賜財団済生会支部 大阪府済生会千里病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 583 226 290 484 773 859 1402 2213 1710 329
2017年度退院患者さんの人数を10歳刻みの年齢階級別に集計しています。
年齢は入院時の満年齢です。また、歯科、自費診療、入院後24時間以内に亡くなられた患者さんは集計対象外です。

当院は地域医療支援病院の認定を受けており、診療所・クリニック等では対応が困難な患者さんも積極的に受け入れています。また、3次救急医療に対応する救命救急センターを有していることから、さまざまな緊急事態に対応できる体制を整えており、幅広い年齢層の患者さんが入院しております。
当院が位置する千里ニュータウンでは65歳以上の世代が約30%と全国平均をやや上回っていることもあり、70歳以上80歳未満の患者さんが全体の24%と最も多く、70歳以上の患者さんが占める割合は全体の47%に及びます。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 90 7.06 7.87 1.11 68.06
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 64 10.22 10.61 3.13 71.56
060190xx99x0xx 虚血性腸炎 手術なし 手術・処置等2なし 45 7.91 9.06 0.00 68.02
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2なし 42 11.29 11.44 0.00 76.29
060140xx97x00x 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 41 11.02 10.71 7.32 71.44
結腸憩室炎、虚血性腸炎、総胆管結石性胆管炎等は予定外受診で入院となることが多い疾患で、全身状態を安定させることに努めております。例えば、総胆管結石性胆管炎の場合、一期的治療が困難であれば、ERBD挿入処置で胆管炎鎮静化したら、いったん退院として、後日、改めて予定入院での結石除去術とすることがあります。
また、手術による切除ができない肝細胞がんの患者さんには、血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術)を積極的に行っています。利点は大きくなった腫瘍や多発している場合に、一度にいくつか合わせて治療することが可能といったことが挙げられます。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 329 4.26 4.62 0.61 69.90
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 224 3.15 3.03 0.45 69.06
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 74 15.84 12.72 2.70 64.61
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 72 17.72 17.71 9.72 83.39
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1なし、1,3あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 42 12.21 11.21 0.00 79.71
虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞)の患者さんに対して主にカテーテル治療を行っています。カテーテルを用いて、冠動脈に狭窄(狭くなった部分)や閉塞(つまっている部分)がないかを調べ、治療が必要な狭窄や閉塞がある場合には、バルーン(風船)やステントとよばれる金属のコイルにより拡張させ血液の流れを確保する治療を行います。症状にもよりますが、予定入院では、翌日に手術を行い、手術後2日目には退院となります。急性心筋梗塞に対する治療は救命センターと連携して行っており、合わせると当院では52例にステント治療を行っています。
徐脈性不整脈で失神や心不全を生じる患者さんには、前胸部から静脈内に電線を心臓まで入れ、胸部に電気刺激発生装置を植込むペースメーカ移植術を行っています。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 42 2.00 3.59 0.00 72.02
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なしA-DROP スコア1 36 11.58 13.51 2.78 82.89
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 35 30.09 19.65 5.71 76.34
0400801299x000 肺炎等(市中肺炎かつ15歳以上65歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なしA-DROP スコア0 30 8.20 8.67 0.00 43.10
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なしA-DROP スコア2 27 12.33 15.12 0.00 83.33
肺炎及び肺の悪性腫瘍に対する治療を主に行っております。ひとくちに肺炎といっても様々な種類があり、患者さんの全身状態や検査により、細菌性なのか、それ以外の肺炎なのかを慎重に診断して、それに見合った抗生剤の選択して治療をしております。一般的な日常生活をしていた人に発症した肺炎と介護を必要とし高齢者施設などに入所されていた方の肺炎では異なった入院治療計画を用意して対応しています。高齢になるほど肺炎に罹りやすく重症化しやすいため、高熱や長引く咳、胸痛、倦怠感といった症状がある場合は、お早めに医療機関に受診下さい。
また、肺がんの治療としては、検査入院と内科的治療として主に化学療法を行いますが、外科治療や放射線治療が望ましい患者さんや、化学療法の適応が困難な患者さんへは専門病院に紹介させて頂いています。
糖尿病内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし85歳未満 22 12.59 11.16 0.00 55.55
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病なし85歳未満 20 15.30 14.27 0.00 65.80
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 13 17.77 20.83 23.08 82.62
100070xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病あり85歳未満 13 15.08 15.87 0.00 68.23
100070xx99x010 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病あり85歳未満 - - 11.90 - -
主に糖尿病の教育入院を行っており、入院期間は1~2週間程度となっております。糖尿病にはいくつかのタイプがありますが、最も多いのは2型糖尿病です。2型糖尿病においては、自覚症状があまりないため、職場や地域の検診で発見されることがよくありますが、治療をせずに放っておくと合併症がすすんでくるため早期の教育や治療が重要です。入院中には、栄養管理についての指導や、インスリン注射の方法を指導したりします。また、仕事などの都合で忙しい方のために、金曜日入院、日曜日退院の2泊3日の教育入院も行っています。

---
患者数・症例数が10件未満については「-(ハイフン)」を表記しています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 123 6.85 7.40 0.81 61.89
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 56 8.45 8.98 1.79 72.50
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 48 13.73 15.61 0.00 72.06
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2なし 48 9.02 10.15 0.00 61.81
090010xx99x40x 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 48 3.46 4.49 0.00 57.92
胆石に対してはほとんどの症例に腹腔鏡を用いた胆のう摘出術を行っています。入院翌日に手術を行い、入院期間は1週間以内を予定しております。
乳がんでは、マンモグラフィ、乳腺エコー、MRI、マントーム生検による診断を行っております。治療としては、乳房温存手術、乳房再建術等の手術だけではなく、術前や術後に抗がん剤での治療も行っており、術後は地域の診療所と連携し継続的な治療をしています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 107 6.15 7.31 0.00 73.40
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 21 7.00 12.34 4.76 71.95
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 18 8.33 9.73 0.00 73.39
11001xxx01x0xx 腎腫瘍 腎(尿管)悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 15 10.40 12.30 0.00 56.60
11013xxx06xxxx 下部尿路疾患 膀胱結石、異物摘出術 経尿道的手術等 15 5.60 5.74 0.00 73.53
泌尿器科では膀胱がんに対する手術を多く実施しています。入院期間は概ね7日間となっており、手術は、内視鏡を尿道から膀胱まで挿入して腫瘍を取り除きます。
 尿路結石症で比較的大きい結石の場合に経尿道的尿管砕石術を行います。入院期間は概ね9日間となっております。治療としては、尿道からカテーテルを挿入し、結石を小さく砕いて体外に取り出します。切開を伴わない手術のため、身体への負担が比較的少ないのが特徴です。
前立腺肥大症に対する手術では、内視鏡を尿道から挿入し、前立腺の内側を取り除く方法です。入院期間は概ね10日間です。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 113 25.22 27.09 83.19 83.70
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 61 3.70 5.21 1.64 49.97
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 44 23.70 25.09 13.64 77.05
160700xx97xx0x 鎖骨骨折、肩甲骨骨折 手術あり 副傷病なし 38 4.11 5.54 0.00 51.08
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり 手術・処置等2なし 34 15.79 17.28 11.76 74.74
転倒等によって手関節部、大腿骨近位部の骨折治療が多く、大多数は骨粗鬆症を基に受傷された方で、術後にできるだけ早期に受傷前の活動性を取り戻せるように手術をすることが多くなっています。膝や股関節の変形などで歩行がつらくなった場合に人工関節置換を行う例が増えており、膝関節置換ではナビゲーションシステムを用いて、複雑な変形があっても正確な手術ができるようになりました。また、救命救急センターと連携し、重度四肢外傷・骨盤骨折・多発外傷を対象とした急性期の重症患者の治療を行っております。
基本的に当院で手術をした患者さんには、早期に機能回復ができるようリハビリ専門病院への転院を積極的に努めております。
産科・婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 96 7.02 6.28 0.00 44.24
120100xx01xx0x 子宮内膜症 子宮全摘術等 副傷病なし 49 7.00 7.70 0.00 41.10
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 48 6.92 6.37 0.00 44.52
120220xx02xxxx 女性性器のポリープ 子宮内膜掻爬術 44 2.00 2.26 0.00 43.82
120140xxxxxxxx 流産 38 2.08 2.43 0.00 33.16
産婦人科では子宮や卵巣の良性腫瘍に対して腹腔鏡下手術を行っています。子宮筋腫はホルモン依存性の良性腫瘍で閉経により縮小することからすべての症例が治療の対象とはなりません。月経過多からの貧血、月経痛が強く鎮痛薬が奏功しない場合、巨大化して他の内臓を圧排して頻尿や便秘などの症状をきたす場合は、閉経までの期間が長ければ手術療法の適応となります。術式も子宮を残す筋腫核出術と根治術である子宮全摘出術があり、筋腫の個数やできている位置に加え、年齢、挙児希望の有無および患者さんの希望にて術式を決定します。通常腹腔鏡下手術は3~4個のお腹の小さな傷から行いますが、当科では1~3個で施行しております。また過去に帝王切開などの手術歴があり癒着が予想される症例も積極的に対応しております。創部が小さいことから開腹術と比較して整容性のみならず術後の早期の社会復帰が可能であることが一番の利点です。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 111 7.87 6.18 0.90 0.00
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2なし 80 5.65 6.03 0.00 2.54
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし 69 6.13 5.94 0.00 1.13
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 64 6.11 5.70 0.00 2.91
100380xxxxxxxx 体液量減少症 37 5.27 9.16 0.00 4.38
小児科では肺炎の患者さんが最も多くなっています。細菌性肺炎の患者さんでは、抗生剤の点滴、吸入鎮咳去痰剤等で治療を実施し、6日間が標準の入院期間となっています。
次に多い「妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害」とは、新生児の入院をいいます。帝王切開による分娩後や低出生児など新生児に治療が必要な場合には小児科での入院治療で対応しています。3番目に多いのは急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他)となっています。急性気管支炎は、主にせき、たんといった症状から診断します。原因菌の多くはウイルスであることから、インフルエンザを除いて直接的な治療薬はありません。このため安静、水分栄養補給などの症状を和らげる治療が中心になります。
内科(総合診療部)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2なし 30 14.73 19.01 13.33 76.00
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 18 9.89 12.34 5.56 64.50
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 17 16.29 20.83 17.65 86.76
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 14 9.21 11.73 0.00 61.71
130100xxxxx4xx 播種性血管内凝固症候群 手術・処置等24あり 10 20.70 29.31 10.00 70.70
総合診療部は、特定の診療科にとらわれないあらゆる角度から患者さんに対応する全人的な医療の提供を目標としております。
専門の診療科が特定しにくい患者さんに対応しており、尿路感染症から蜂巣炎、感染症が重症化した敗血症まで多岐にわたります。
院内の診療科と充分な連携を保ちながら診療を行っております。
救急科(千里救命救急センター)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 76 4.68 7.34 11.84 48.38
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 69 5.28 9.68 8.70 55.78
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2なし 副傷病なし 50 2.42 3.58 20.00 41.68
161070xxxxx10x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等21あり 副傷病なし 31 2.35 6.19 32.26 41.68
161060xx99x0xx 詳細不明の損傷等 手術なし 手術・処置等2なし 27 2.85 4.01 11.11 45.15
救命救急センターでは重症外傷、急性中毒、心肺停止、重症急性疾患、急性臓器不全、広範囲熱傷などの救急患者さんの診療を行っています。救急車での搬送以外に近隣病院で対応困難な重症症例の転院も受け入れています。救命救急センターでの急性期治療が終了したのちは、院内一般診療科や他の医療機関での治療を継続していただきます。そのため、救命救急センターでの入院期間は他の診療科と比べて短くなっています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 39 - 11 54 - 37 1 6,7
大腸癌 48 25 69 34 - 44 2 6,7
乳癌 65 74 23 - - 23 1 6,7
肺癌 - - - 20 - 24 1 7
肝癌 - - - - 10 29 2 6,7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院は大阪府がん診療拠点病院として、5大がん(肺がん・胃がん・肝がん・大腸がん・乳がん)を中心に手術、抗がん剤治療、緩和医療などを積極的に取り組んでおります。
5大がんのうち、乳がんが最も多く、次いで大腸がんとなっており、乳がんの患者さんには 主に手術治療と手術前後の抗がん剤治療やホルモン療法で対応しております。大腸がんの患者さんは、診断のための内視鏡検査、治療として内視鏡EMR、ESD・外科手術(腹腔鏡手術)・抗がん剤治療まで各ステージの患者さんに対応しております。
がんに対する治療は主に外科・消化器内科・呼吸器内科・泌尿器科・婦人科などで行っておりますが、当該診療科のみならず、診療科間や他部門との連携を図り、患者さんの病態や生活に応じた最適な治療を提供できるよう努めております。また、地域の連携医療機関との連携を充実させることで患者さんの生活に密着したがん治療が継続できるよう努めております。

---
患者数・症例数が10件未満については「-(ハイフン)」を表記しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 56 9.16 50.50
中等症 141 14.29 78.84
重症 36 19.00 79.67
超重症 - - -
不明 - - -
肺炎は軽症から超重症に分類されており、重症度が高くなるにつれて、平均在院日数が長くなる傾向にあります。
当院では比較的軽症から中等症の患者さんが多くなっております。基本的に呼吸器内科を中心として肺炎の治療を行っておりますが、救命救急センターが併設されていることから、軽症から超重症まで幅広く対応できることが特徴です。

---
患者数・症例数が10件未満については、「-(ハイフン)」を表記しています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 20 22.75 79.75 23.08
その他 - - - -
脳梗塞の各病型において、発症日からの日数別に、症例数、平均在院日数、平均年齢、転院率を示しています。
脳梗塞は脳の動脈が急に詰まって発症する脳卒中です。日本では脳梗塞は、脳内出血やくも膜下出血と比べて、発症頻度が高いとされています。脳梗塞は発症から出来るだけ早期に治療を開始することが重要で、後遺症の軽減に繋がります。当院では、救命救急センターと脳神経外科が協力し、急性期の脳梗塞に対する集中治療を行っています。急性期治療が終了したのちは、機能の改善を目的とするリハビリテーションと再発を防ぐための治療を行います。回復期の治療が必要な患者さんには、当院と連携している医療機関へ転院のうえ、治療を継続して頂きます。約27%の患者さんが回復期の医療機関に転院しています。

---
患者数・症例数が10件未満については「‐(ハイフン)」を表記しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 521 0.33 1.22 0.19 70.58
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 54 0.78 12.96 5.56 77.15
K654 内視鏡的消化管止血術 52 0.40 11.40 5.77 71.31
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 36 1.25 10.00 0.00 76.97
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 34 0.35 6.00 0.00 70.03
多くの症例は、標準診療計画(クリニカルパス)を利用し、検査・処置を行っています。
内視鏡的胆道ステント留置術及び内視鏡的消化管止血術においては、施行後、急性期を脱し、状態が安定した患者さんは連携医療機関に紹介させていただいております。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 302 2.37 2.61 1.66 70.54
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 45 2.18 2.71 0.00 67.84
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 45 0.00 17.33 2.22 62.69
K5461 経皮的冠動脈形成術(急性心筋梗塞) 34 0.00 18.68 5.88 67.88
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 33 5.27 10.18 3.03 78.58
循環器内科では虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞)の患者さんに対して主にカテーテル治療を行っています。カテーテルを用いて、冠動脈に狭窄(狭くなった部分)や閉塞(つまっている部分)がないかを調べ、治療が必要な狭窄や閉塞がある場合には、バルーン(風船)やステントとよばれる金属のコイルにより拡張させ血液の流れを確保する治療を行います。症状にもよりますが、予定入院では、入院日の翌日に手術を行い、手術後2日目には退院となります。急性心筋梗塞に対する治療は救命センターと連携して行っており、合わせると当院では52例にステント治療を行っています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 157 1.89 5.19 4.46 63.87
K6335 鼠径ヘルニア手術 151 1.42 2.79 1.99 69.01
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 48 3.33 12.96 2.08 72.77
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 44 1.07 6.98 0.00 61.70
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 33 0.42 3.94 0.00 33.97
胆石症や胆のうポリープは、胆石等とともに胆のう自体を取り除きます。小さな穴から腹腔鏡を用いて手術を行いますので開腹手術に比べて手術による傷が小さく、患者さんの負担も軽く、術後は概ね3~5日で退院となります。
鼡径ヘルニアは、鼠径部の腹壁に隙間ができ、腸などの臓器が皮膚の下にはみ出す疾患です。隙間にメッシュ(人工の網)を用いて修復しますが、再発の少ないクーゲル法を行っています。腰椎麻酔で行うのが一般的で、多くの患者さんは入院日の翌日に手術を行い、手術の2日後に退院となります。
乳がんの手術では、乳房切除術だけでなく、根治性を損なわずにできるだけ乳房を残す温存切除術や切除前の乳房のように再建する形成外科的手術などを積極的に行っております。概ね術後7日間で退院となります。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 57 1.63 3.82 0.00 74.28
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他のもの) 55 1.45 3.65 0.00 72.84
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 27 1.59 8.89 0.00 66.44
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 26 1.88 12.31 15.38 69.69
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用) 19 2.42 7.26 0.00 73.95
泌尿器科では膀胱がんに対する手術を多く実施しています。手術は、内視鏡を尿道から膀胱まで挿入して腫瘍を取り除くものですが、手術後の病理組織結果次第では、膀胱全摘除術を実施することがあります。
前立腺肥大症に対しては、経尿道手術を行っています。内視鏡を尿道から挿入し、前立腺の内側を取り除く方法ですが、最近ではより出血量の少ない核出術(TUEB)も積極的に行っています。
ほかに泌尿器科領域のがん手術として、腹腔鏡下腎摘除術、腹腔鏡下腎尿管全摘除術、腹腔鏡下前立腺摘除術も積極的に行っています。腹腔鏡下手術は身体への負担が少ないメリットがあります。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 119 4.81 15.65 52.94 76.87
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 93 1.83 5.80 4.30 58.70
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 74 2.20 21.39 13.51 73.97
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 44 6.00 18.25 86.36 84.68
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕,下腿) 43 0.98 1.72 0.00 43.40
骨粗鬆症を基に転倒などで受傷された大腿骨近位部、手関節部の骨折治療が多くなっています。早期に活動性を回復するため手術をします。大腿骨骨折術後は連携したリハビリ病院で機能回復を目指すことが多くなっています。人工関節置換術は膝や股関節の病気で歩行がつらくなった場合に行います。膝関節置換術においてはナビゲーションシステムを用いて、複雑な変形があっても正確な手術ができるようになりました。
産科・婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K861 子宮内膜掻爬術 91 0.00 1.03 0.00 46.11
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 83 1.00 5.04 0.00 48.05
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 68 0.87 5.60 1.47 41.96
K872-2 腹腔鏡下子宮筋腫摘出(核出)術 62 1.02 5.08 0.00 40.87
K867 子宮頸部(腟部)切除術 50 0.96 1.00 0.00 42.74
産婦人科では子宮や卵巣の良性腫瘍に対して腹腔鏡下手術を行っています。子宮筋腫はホルモン依存性の良性腫瘍で閉経により縮小することからすべての症例が治療の対象とはなりません。月経過多からの貧血、月経痛が強く鎮痛薬が奏功しない場合、巨大化して他の内臓を圧排して頻尿や便秘などの症状をきたす場合は、閉経までの期間が長ければ手術療法の適応となります。術式も子宮を残す筋腫核出術と根治術である子宮全摘出術があり、筋腫の個数やできている位置に加え、年齢、挙児希望の有無および患者さんの希望にて術式を決定します。通常腹腔鏡下手術は3~4個のお腹の小さな傷から行いますが、当科では1~3個で施行しております。また過去に帝王切開などの手術歴があり癒着が予想される症例も積極的に対応しております。創部が小さいことから開腹術と比較して整容性のみならず術後の早期の社会復帰が可能であることが一番の利点です。
救急科(千里救命救急センター)
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6151 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(止血術) 25 0.72 16.88 40.00 54.52
K7181 虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 21 0.33 5.10 0.00 41.57
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 20 2.10 21.55 50.00 60.90
K654 内視鏡的消化管止血術 14 0.71 18.71 64.29 66.14
K6021 経皮的心肺補助法(初日) 12 0.08 34.67 58.33 62.33
救命救急センターには緊急手術を必要とする救急患者さんも来院されます。そのため、各診療科専門医が在籍しており、24時間365日緊急手術を行えるような体制を整えています。とくに、急性腹症や外傷に対する外科手術、四肢開放骨折や骨盤骨折に対する整形外科手術、消化管出血に対する内視鏡的消化管止血術、急性心筋梗塞に対する経皮的冠動脈インターベンション、動脈損傷に対するカテーテルを用いた血管塞栓術、心停止や難治性不整脈に対する経皮的心肺補助法などを積極的に行っています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 31 0.35
180010 敗血症 同一 54 0.61
異なる 95 1.07
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 16 0.18
異なる - -
播種性血管内凝固症候群は様々な原因疾患によって血液を固める機能が強くなり、全身の血管内に過剰な血栓ができることで、出血や臓器障害を合併する病態です。この病態を合併すれば予後は不良になりますので、原因となった疾患の治療に加えて、血液を固める機能を抑制する薬剤の投与を行います。
敗血症は臓器障害を合併した重症感染症の病態であり、早期の診断と治療介入が重要です。ショック状態の敗血症は死亡率が高く、適切な集中治療が予後を改善します。そのため、救命救急センターに搬送される症例のなかでも、最も重要視している疾患です。敗血症の治療では高度な診療技術や専門的知識が必要ですので、医師・看護師・臨床工学技士・理学療法士などの多職種が連携して治療方針を検討し、実践しています。
医学の進歩と診療技術の高度化が進み、安全な医療を提供できるようになっていますが、いかなる手術・処置でも一定頻度で合併症が発生します。合併症が発生した場合には、患者さんの状態に応じてただちに適切に治療を行ないます。合併症の事例に関しては、病院全体で情報を共有して原因を究明できるように医療安全管理体制を整えております。
厚生労働省より公開されている平成28年度の全国のDPC対象病院の集計データでの各症例の発生率は、播種性血管内凝固症候群が0.16%、敗血症が0.57%、手術・処置等の合併症が0.73%となっており、当院は順に0.37%、1.66%、0.25%となっています。当院では、救命救急センターで重症患者さんを多く受け入れていますので、全国の病院に比べて播種性血管内凝固症候群や敗血症の発生率が高くなっています。手術・処置等の合併症としては、外科手術・整形外科手術・ペースメーカー植え込み手術の術後創部の感染症や術後出血などがありますが、全国の病院に比して低い発生率になっています。
---
患者数・症例数が10件未満については「-(ハイフン)」を表記しています。
更新履歴
2018/09/20
機能評価係数2の保険診療指数における「病院情報」を公開しました