呼吸器・免疫内科

当科は地域の急性期病院の一環として、現在呼吸器科スタッフ医師は5名体制で幅広い呼吸器疾患に対応して、日本呼吸器学会および日本呼吸器内視鏡学会より施設認定をされています。
呼吸器感染症肺がん慢性閉塞性肺疾患[COPD]・(特発性) 間質性肺炎・気管支喘息・睡眠時無呼吸症候群・気胸や胸膜疾患など多岐にわたる疾患が治療対象です。とくに肺悪性疾患に対する治療体制が充実しており、抗がん剤療法や分子標的薬の施行実績が年々増えております。
また人工呼吸器管理(NPPV・CPAPも含め)・在宅酸素療法・気管支鏡検査・PSG検査などの検査・治療なども年間を通して施行しています。 呼吸器疾患の診断に関しては、特に胸部(CT)画像の読影が決め手と言っても過言ではありません。この精度を高めるために、著名な画像読影医師を定期的に招聘して胸部画像診断をより詳細に検討しています。
このほど入院中患者さんの呼吸状態管理のために呼吸器関連のコメディカルのスタッフとで呼吸器ケアサポートチーム(RST)を立ち上げました。また呼吸器リハビリなども施行しており、肺機能の改善などが期待できるようになっています。


  • かかりつけ医検索システム
  • 地域医療支援病院
  • 大阪府がん診療拠点病院
  • 病院情報の公表
  • ドクター紹介
  • 済生会千里病院公式facebook