形成外科

形成外科は頭から足まで全身を幅広く扱う診療科です。身体に生じた組織の異常や変形、欠損、あるいは整容的な不満足に対して、あらゆる手法や特殊な技術を駆使し、機能のみならず形態的にもより正常に、より美しくすることによって、みなさまの生活の質 "Quality of Life" の向上に貢献する、外科系の専門領域です。
具体的にはやけどや手術などの傷跡を綺麗にしたり、うまれつきのあざや皮膚の腫瘍を切除したり、眼瞼下垂など眼瞼の手術や乳癌術後の変形に対する再建手術等を行っています。

乳房再建手術

詳しく知りたい方は下記Webサイトをごらんください。

乳腺外科と連携し、乳房再建にも取り組んでおり、乳癌切除手術と同時に乳房再建も行っております。

タイミングによって

乳がん手術と同時に行う場合(一次再建)と、乳がん手術が終わってから後日に行う場合(二次再建)があります。一次再建では、手術回数が少なくて済み、乳房喪失感も軽減されるため患者さんの負担が少なく理想的です。しかし、乳がん手術後に抗がん剤治療や放射線治療が必要な場合など、二次再建の方がよいこともあり、どちらがよいかは患者さんの状態・治療方法によってさまざまです。手術前に、乳腺外科医と形成外科医が十分に検討を行い、患者さんのご希望をお聞きしたうえで最適な時期を提案しております。

術式によって

インプラント(人工物)を用いる方法と、自家組織(自身の筋肉や脂肪など)を用いる方法があります。それぞれにメリットおよびデメリットがあります。

インプラントを用いる方法

主に乳房切除術(全摘術)を受けた人が対象です。1回目の手術でティッシュ・エキスパンダー(皮膚拡張器)という器具を大胸筋の下に挿入し、水を少しずつ注入していくことで皮膚とその周辺組織を十分に伸ばしていき、2回目の手術でシリコンジェルのインプラントに入れ替えます。体の他の場所を傷つけることがなく、手術時間が短いため体への負担が少ないというメリットがある一方、人工物は感染に弱いというデメリットがあります。

自家組織を用いる方法

患者さん自身の筋肉や皮下脂肪を使う再建方法です。背中の組織(背中の筋肉や脂肪)を使う広背筋皮弁術や、お腹の組織(腹部の筋肉や脂肪)を使う腹部皮弁術があります。広背筋皮弁術は比較的小さな胸の全摘術や温存手術に適した再建方法です。腹部皮弁術には皮下脂肪のみを利用する深下腹壁動脈穿通枝皮弁術と、皮下脂肪と筋肉を利用する腹直筋皮弁術があり、比較的大きな胸の全摘術に適した再建方法です。

また、以前に乳がん手術を受けて乳房がない状態の方の再建や、乳輪乳頭の再建も行っております。


  • かかりつけ医検索システム
  • 地域医療支援病院
  • 大阪府がん診療拠点病院
  • がん総合診療センター
  • 病院情報の公表
  • ドクター紹介
  • 済生会千里病院公式facebook
  • 地域連携 千里eサークル
  • 臨床研究に関する情報公開