薬剤部

ごあいさつ

近年、抗体医薬品や免疫チェックポイント阻害剤など新しい医薬品が開発され、新たな治療手段として臨床現場で用いられるようになってきました。こういったお薬は適正に使用しないと望ましくない作用が現れることも少なくありません。このような新しいお薬をはじめとして、医薬品は正しく使用しないと有害な作用が現れることがあるため、薬剤が使用されるあらゆる場面で薬剤師が必要とされ、薬の専門家としての役割が求められています。


薬剤部では「安全で良質な薬物療法を行うための環境を提供する」を理念とし、日々の業務に取り組んでいます。医薬品を安全かつ効果的に使用するために、個々の医薬品を理解し、適正な情報提供をするとともに副作用の発現を最小限に抑えることが、薬剤師の責務であると考えています。
病院薬剤師の業務は多岐にわたり、調剤や患者さんへの服薬指導だけでなく、院内のさまざまな医療チームの一員として、その職能を発揮しています。
患者さんおよび医療スタッフに信頼される医療人として成長できるよう、日々研鑽を重ね、薬剤師の活躍につなげていきたいと思っています。

薬剤部 薬局長 宮脇 康至

患者さんに安全で適正な薬物療法を提供するために、内服薬・外用薬・注射薬の調剤をはじめ、以下の業務に取り組んでいます。

入院決定時の術前中止薬のスクリーニング

入院前の外来受診時に、薬局窓口で持参薬チェックを行っています。
その中に、手術および処置前に中止すべき薬剤などがないかチェックを行い、休薬期間不足による手術の延期を防止しています。

薬剤管理指導業務

入院患者さんを対象に、持参薬や入院中の内服薬・外用薬・注射薬の薬歴を管理し、重複投薬・相互作用の回避や副作用モニタリングなど薬学的管理を行っています。臨床データおよび一部の抗生剤では薬物血中濃度から、個々の患者さんにおける最適な投与量・投与間隔の処方提案を行っています。
服薬指導では、効果的な薬物療法および副作用の早期発見のため、患者さんにお薬に対する理解を深めていただけるようパンフレットなどを用い、わかりやすく説明しています。
退院時には、退院後のお薬に関する注意点などを説明し、お薬説明書やお薬手帳用シールをお渡しして、退院後のお薬の管理がスムースに行われるよう地域の医療機関への橋渡しとなるよう心がけています。


注射薬の無菌調製

抗がん剤

外来・入院にかかわらず、レジメン管理支援システムに基づき監査・調剤された抗がん剤を、汚染・被曝を避けるため、無菌室内に設置した専用キャビネットで調製を行っています。


高カロリー輸液

細菌感染を予防するため、無菌室内のクリーンベンチで調製を行っています。

がん薬物療法相談窓口

外来でがん化学療法を行っている患者さんを対象に、薬剤師によるがん薬物療法相談窓口を2016年11月に開設しました。
主にがん薬物療法認定薬剤師を中心として、がん薬物療法に従事する薬剤師が担当しており、抗がん剤の副作用のこと、その対策など患者さんの相談に応じています。相談内容について医師にフィードバックを行い、必要があれば処方提案を行います。

DI業務

医薬品に関する情報を収集し、安全な薬物治療が行われるよう、医療スタッフに提供しています。

治験業務

質の高い臨床研究を実施するため、治験薬・臨床研究試験薬の管理を行っています。 また、治験担当薬剤師は、SMO(治験施設支援機関)と連携し、治験・臨床研究の事務局業務を担っています。

薬薬連携

地域の開局薬剤師の方々に、より充実した服薬指導を行っていただけるよう、情報の提供および交流をはかっています。

学生実習

平成22年より薬学教育6年制課程の長期実務実習が開始されました。当院では薬剤師の育成を目標として実習生を受け入れ、「実務実習モデル・コアカリキュラム」に準じて独自のカリキュラムを組み、実務実習認定薬剤師を中心に学生の実務指導を行っています。

チーム医療への参画

化学療法、緩和ケア、NST、ICT、糖尿病、肝臓病、心臓リハビリテーション、褥瘡、ブレストケアなどのチーム活動に参画し、治療・療養の質の向上に貢献しています。


  • かかりつけ医検索システム
  • 地域医療支援病院
  • 大阪府がん診療拠点病院
  • がん総合診療センター
  • 病院情報の公表
  • ドクター紹介
  • 済生会千里病院公式facebook
  • 地域連携 千里eサークル
  • 臨床研究に関する情報公開