整形外科

脆弱性骨折・難治性骨折外来

当院では地域の先生方と連携し、高齢者の日常的な骨折に対応しております。救急科と連携し、可能な限り早期に手術加療を施行し、臥床期間を短縮することでADL低下を最小限にしています。近年では、高齢者の骨折についても整形外科的なアプローチだけでなく、さまざまな合併症や併存疾患に対応した全身的なアプローチが必要とされており、栄養や急性期リハビリ、十分な除痛といった観点からもアプローチをすることで、回復期リハビリにスムーズに移行できるように努力しています。
また、長期の臥床期間を余儀なくされる転位のない骨盤骨折(恥坐骨骨折を含む)や、骨癒合が得られにくい非定型骨折など、適切な診断と治療でADL低下を防がなければならない骨折も提唱されています。そのような骨折であっても、エビデンスに基づいた治療でADL低下を最小限にしたいと考えております。症例に応じたゴールを設定し、可能な限りもとの生活に復帰していただくことを目標にして、機能回復を目指しております。


  • かかりつけ医検索システム
  • 地域医療支援病院
  • 大阪府がん診療拠点病院
  • がん総合診療センター
  • 病院情報の公表
  • ドクター紹介
  • 済生会千里病院公式facebook
  • 地域連携 千里eサークル
  • 臨床研究に関する情報公開