整形外科

理念・目的

素早い対応と高い技術で地域住民、医療機関に信頼される整形外科を目指して診療を行なっています。

診療の内容および特色

当科はタイムリーな骨関節外傷の治療をはじめ、脊椎脊髄外科、リウマチ関節外科、スポーツ外科、手の外科の専門外来を設置しています。また検診を通じて地域医院と連携した骨粗鬆症治療を行なっています。
手術は患者さんの体に優しい「低侵襲」手術が特徴で術後外固定(ギプス)の少ない骨折治療、椎間板ヘルニアなど脊椎外科領域での内視鏡手術や顕微鏡手術、スポーツ関節外科領域でも内視鏡手術を行なっています。脊椎圧迫骨折後の椎体内セメント注入術(BKP)の認定病院となっています。
関節リウマチの治療はガイドラインに準拠して行ない、必要に応じて生物学的製剤を用いた治療を化学療法室で行なっています。リウマチにも発生する高度な外反母趾に対し矯正手術を行ない成果を上げています。


各種検査 ・一般レントゲン撮影、断層撮影 (随時)
・造影検査、筋電図検査 (予約制
・MRI、CT、骨密度測定、シンチグラム (予約制
手術 ・脊椎外科:腰椎椎間板ヘルニアに対する内視鏡手術(MED)、脊椎圧迫骨折後偽関節に対する骨セメントを用いた椎体形成術、脊椎脊髄腫瘍、脊柱変形に対する矯正手術、その他脊椎疾患に対する顕微鏡を用いた低侵襲手術
・スポーツ・関節外科:膝靱帯損傷や半月板損傷に対する内視鏡(関節鏡)手術、人工関節手術(膝関節、股関節)
・足の外科:外傷後などに起こる下肢変形に対する矯正手術、慢性関節リウマチにより変形に対する手術、外反母趾に対する矯正手術
専門外来 脊椎外科(椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症など) 診察日は外来診察担当表をご確認ください。
スポーツ・関節外科(変形性膝関節症、半月板損傷、股関節疾患など)
手の外科(手指、手関節、肘関節疾患、外傷)
関節リウマチ、外反母趾
リハビリテーション 術後の機能回復訓練を中心として行っています。疾患に応じてリハビリ専門病院に連携して治療を行っています。

学会関係

  • 日本整形外科学会 専門医制度研修施設

  • かかりつけ医検索システム
  • 地域医療支援病院
  • 大阪府がん診療拠点病院
  • 病院情報の公表
  • ドクター紹介
  • 済生会千里病院公式facebook