放射線部

歯科撮影検査を受けられる方へ

歯科撮影検査とは

歯やその周囲、また歯の全体像の撮影を行います。パノラマ撮影、デンタル撮影、TMJ 撮影があります。パノラマ撮影とは広い範囲を一枚におさめた写真で、歯全体・顎・顎関節等の撮影をします。パノラマ撮影では下図のように一度に全体像を撮影することができます。デンタル撮影では口の中にIPといわれるフィルムのようなものを入れ、それぞれの歯について撮影します。TMJ撮影では口を開けた時と閉じたときの左右の顎関節の状態を撮影します。

歯科撮影検査とは


検査にかかる時間

パノラマ撮影、デンタル撮影ともに5分程度の検査時間です。

次項に該当する方は、検査ができない場合があります。事前に医師とご相談ください。

  • 妊娠中、または妊娠の可能性がある方

検査の流れ

検査の流れ

※検査や治療内容によって手順が異なる場合があります。主治医やスタッフからお話された内容をご確認ください。

歯科撮影検査 Q&A

Q:口の中の金属は外してくださいと言われたが、銀歯は外せない。そのままでも撮影はできますか?

A:撮影できます。ただし、入れ歯など外せるものは診断の妨げとなる可能性があるため、外していただきます。

Q:放射線の検査ですか?体に影響はないですか?

A:パノラマ撮影、デンタル撮影共に放射線を使用する検査です。診断に用いる放射線の量は体には影響がない レベルです。使用する放射線の量もなるべく低い量で診断に必要な量でしか撮影していませんので、安心してください。それでも心配な場合は、医師とよく相談していただきます。

Q:車いすでも検査できますか?

A:検査できます。車いすや立つことが困難な方は座ってでも検査できますのでご安心ください。


  • かかりつけ医検索システム
  • 地域医療支援病院
  • 大阪府がん診療拠点病院
  • 病院情報の公表
  • ドクター紹介
  • 済生会千里病院公式facebook