放射線部

MRI検査を受けられる方へ

MRI検査とは

MRI検査とは

MRIはMagnetic Resonance Imaging(磁気共鳴画像)の略です。
強力な磁石と電波を使って体の状態を診る検査です。狭いトンネルの中で検査をします。電波をあてて、出てくる信号を読み取り、さまざまな方向の断面画像を作ることが可能です。
検査中「ドンドン」「コンコン」という大きな音がします。
体の中をより詳しく診るために腕の静脈から造影剤(ガドリニウム製剤や鉄製剤)というお薬を注射したり、内服薬を使用して検査することもあります。
検査中は、強力な磁場の中に入るため、担当者の案内の通りにお願いします。


検査にかかる時間

通常の検査時間は約20分~30分です。
検査内容によっては時間が延びることがあります。
担当の診療放射線技師にお尋ねください。

次項に該当する方は、検査ができない場合があります。事前に医師とご相談ください。

  • 妊娠中、または妊娠の可能性がある方
  • 手術により金属等が体内にある
    (ペースメーカー・人工内耳・血管ステント・動脈クリップ・人工関節
    ・歯科インプラント・マグネット利用の義歯等)
  • 高度の閉所恐怖症
  • 刺青

<以下は造影検査を行う場合>

  • 喘息と言われたことがある方
  • アレルギー体質や、アレルギーの病気がある方
  • 腎臓の働きが悪い方

以下のものは、取り外していただきます。

ヘアピン・ネックレス・イヤリング・エレキバン・カイロ・入れ歯
・指輪、財布等の金属類・時計・メガネ・補聴器・磁気カード類・携帯電話
・マスカラ・アイシャドウ・アイライン・ネイルアート・コンタクトレンズ
・湿布・ニトロダーム・ニコチネル・心電図のシール等
酸素ボンベ・MRI 非対応の車いす・ストレッチャー

検査例

  • 腰椎・腰髄

MRI検査の流れ

※検査や治療内容によって手順が異なる場合があります。主治医やスタッフからお話された内容をご確認ください。

MRI検査Q&A

Q:MRIとCTは何が違うのですか?

A:どちらも体を輪切りにしているような画像が得られますが、CTはX線を使用するのに対し、MRIは磁場と電波を使用しています。MRIの特徴としては骨や空気による画像への影響がないため、骨に囲まれている脳や脊髄などの診断に適しています。CTとMRIでは両方に長所・短所があり、両方の検査が必要な場合もあります。

Q:痛くはないですか?

A:検査に痛みは伴いません。ただし、造影検査の場合は注射をしますので、注射の痛みはあります。

Qなぜ金属類がだめなのでしょうか?

A:MRIは強力な磁石ですので、金属がMRIにくっついてはずれなくなってしまったり、MRIの中に入れた機械が壊れてしまったり、金属が熱を帯びてやけどをする恐れがあります。
また、MRIの特質として、金属の入っている部分やその周りは画像になりません。
これらのことから、金属類は禁忌とされています。

Q:1回の検査で全身の状態がわかりますか?

A:1回の検査で撮影できる範囲には限界があります。また、1回分(約20分)の検査で1つの範囲しか検査ができません。

Q:検査前に食事や排せつはしても大丈夫ですか?

A:検査によって異なります。事前の案内の通りにお願いします。

Q:大きな音が鳴るのはなぜですか?

A:MRIは磁場を変化させながら検査を行いますが、その際に大きな音が発生します。


  • かかりつけ医検索システム
  • 地域医療支援病院
  • 大阪府がん診療拠点病院
  • 病院情報の公表
  • ドクター紹介
  • 済生会千里病院公式facebook