放射線部

マンモグラフィー検査を受けられる方へ

マンモグラフィーの撮影は全て女性の放射線技師が撮影します

当院は、医師・技師・施設の3つの全ての認定を受けた医療機関です。
撮影は、認定資格をもつ女性技師で対応しています。
安心して検査を受けていただけます。

  • マンモグラフィー

マンモグラフィー検査とは

マンモグラフィーは、乳がんを診断する方法のひとつで、乳腺・乳房専用のX線撮影です。検査の際は、圧迫板という透明な板で乳房を上下あるいは左右に挟み、薄く引きのばして撮影します。
触っても判らないような小さな乳がんはもちろん、しこりをつくらない乳がんを白い影や非常に細かい石灰化の影として写すことができます。
挟むことにより、人によっては強い痛みを感じることがあるかもしれませんが、病気を見つけるうえで大切なことなのでご理解をお願いします。

吹田市の検診では、40代は2方向、50歳以上は1方向(斜め)撮影します。

  • 撮影室の様子

検査にかかる時間

一般的に両乳房の2方向撮影の場合、更衣から撮影終了まで10分~15分程度です。圧迫時間は数秒です。
写真確認後、追加撮影する場合は、これより若干長引きますのでご了承ください。

次項に該当する方は、検査ができない場合があります。事前に医師とご相談ください。

  • 妊娠中、または妊娠の可能性がある方
  • 心臓ペースメーカー、植え込み型除細動器(ICD)を装着されている方
  • 豊胸手術を受けている方
  • 授乳中の方
  • 乳房に痛み等のある方

吹田市の乳がん検診では

  • 授乳中
  • 豊胸手術を受けている
  • 心臓ペースメーカーを装着している

上記に該当する方は、マンモグラフィー撮影はできません

検査の流れ

CT検査の流れ

※検査や治療内容によって手順が異なる場合があります。主治医やスタッフからお話された内容をご確認ください。

マンモグラフィー検査Q&A

Q:どうして圧迫しないといけないのですか?

A:圧迫することで、乳腺組織を均一に伸ばします。乳腺の重なりを少なくして鮮明に映すことで、病気を見えやすくします。また、厚みを薄くすることで、放射線被ばく量が少なくなります。

Q:痛いですか?

A:挟むことにより、個人差はありますが痛みを伴うこともあります。しかしこれは病気を見つける上でとても大切なことです。緊張して体に力が入っていると、より痛みを感じるように見受けられます。できるだけリラックスして、力を抜くことで痛みが和らぐようです。

Q生理との関係は?

A:生理前には、ホルモンの関係で乳房が張って痛むことがあります。
できれば、マンモグラフィー検査は生理が始まってから2~3日目以降に受けることをおすすめします。

Q:豊胸術(シリコン挿入など)をしていますが撮影できますか?

A:撮影はできますが、検査の正確さは通常よりも劣ります。
判定に際して必要な情報なので、撮影時にその旨をお知らせください。

peruru.net


  • かかりつけ医検索システム
  • 地域医療支援病院
  • 大阪府がん診療拠点病院
  • 病院情報の公表
  • ドクター紹介
  • 済生会千里病院公式facebook