放射線部

心臓カテーテル検査を受けられる方へ

心臓カテーテル検査とは

心臓カテーテル検査とは

太さが1~3mm程度の専用の細い管(カテーテル)を直接冠動脈(心臓に血液を供給する血管)に挿入して、造影剤を注入することによって冠動脈の画像を撮影し、狭窄の有無や動脈硬化などの異常を診断します。また、動脈や静脈を通してカテーテルを心臓に挿入し、心臓の内部の圧の測定や造影剤を注入して心臓の動きや弁の状態を観察する検査を行うこともあります。


検査にかかる時間

検査の種類や方法、内容にもよりますが、冠動脈の検査(CAG:冠動脈造影)のみであれば30分から1時間程度です。その後、治療(PCI:経皮的冠動脈形成術)を行う場合は、さらに長い時間がかかる場合があります。予定時間より長くかかることもしばしばあります。

次項に該当する方は、検査ができない場合があります。事前に医師とご相談ください。

  • 妊娠中、または妊娠の可能性がある方
  • 過去にヨード系造影剤に対するアレルギーがあった方
  • 喘息と言われたことがある方
  • アレルギー体質や、アレルギーの病気がある方
  • ヨード過敏症の方
  • 腎臓の働きが悪い方
  • 経口糖尿病薬(ビグアナイド系)を飲まれている方

代表的検査

  • 左心カテーテル
  • 右心カテーテル
  • CAG(冠動脈造影)
  • LVG(左室造影)
  • FFR(冠血量予備量比)
  • EPS(電気生理学的検査)
  • アセチルコリン負荷

治療例

治療例

検査の流れ

検査の流れ

※検査や治療内容によって手順が異なる場合があります。主治医やスタッフからお話された内容をご確認ください。

心臓カテーテル検査Q&A

Q:食事について

A:検査によって異なりますのでご相談ください。

Q:痛みはありますか、つらい検査ですか?

A:太い針を動脈や静脈に刺すために、刺す部分の皮下に麻酔をします。この麻酔のときに痛く感じることがあります。針を皮膚から血管に挿入するときに、挿入部分が『強く押される』感じがします。
また検査寝台の上では、大きく動くことができないので、動かないでじっとしていることが苦痛となるかもしれません。造影剤を注入して血管を撮影しますが、このときに胸が熱く感じることがあります。数秒でおさまりますので心配しないでください。また、心臓の血管に造影剤を注入するときに『ドキドキ』する場合があります。
かゆい部分がある、だるい部分がある、緊張するなど、気になることがありましたら気軽に周りのスタッフに声をかけてください。

Q:造影剤を使うとどうなりますか?

A:一時的に身体が熱く感じられる方もいます。
それ以外に造影剤が身体に合わず、吐き気や息苦しさ、かゆみなどの症状が出る方もおられます。
このような症状が出た場合はすぐにスタッフにお知らせください。
また授乳中の方は、乳児に影響を及ぼさないように、検査後24時間は授乳を避けてください。

Q:経口糖尿病薬(ビグアナイド系)を飲んでいるのですがどうしたら良いですか?

A:経口糖尿病薬(ビグアナイド系)を服用中の方は、造影剤を使用すると重篤な副作用が起こることがありますので、医師にご確認ください。

Q:被ばくが心配です

A:診断に用いる放射線の量は体には影響がないレベルです。使用する放射線の量もなるべく低い量で診断に必要な量でしか撮影していません。心配な場合は、医師とよく相談していただきます。

Q:止血はどのように行なうのですか?

A:検査が終了すればカテーテルを抜きますが、動脈に挿入したカテーテルを抜いた場合は、動脈の圧力が高いことと、血液を固まりにくくするお薬(抗凝固剤)を使用しているため止血処置が必要です。止血するために長い時間挿入部を圧迫します。詳しくは主治医や担当看護師におたずねください。


  • かかりつけ医検索システム
  • 地域医療支援病院
  • 大阪府がん診療拠点病院
  • 病院情報の公表
  • ドクター紹介
  • 済生会千里病院公式facebook