消化器内科

経鼻内視鏡について

当院では鼻から入れる経鼻内視鏡を導入しております。 従来の内視鏡は直径9~10mm程ですが、経鼻用は直径5~6mmの細い内視鏡を使用します。

経鼻内視鏡の特徴

  1. 吐き気が少ない。
    内視鏡が舌の付け根に触れないため嘔吐反射(舌を押さえた時にオエッっとなること)が少なくてすみます。
  2. 検査中会話ができる。
    細い内視鏡のため、のどの圧迫感が少なく口がふさがれていないので話すことができます。検査中気になったことをその場で確認できるため安心して検査を受ける事ができます。
  3. 日常生活に復帰するのが早い。
    経鼻内視鏡では鼻に局所麻酔を行います。通常の口からの場合、1~2時間は食事ができませんが、鼻からの検査の場合はのどに麻酔を行わないため検査終了後30分~60分で、水を飲んだり食事をすることができます。

経鼻内視鏡の注意点

  1. 鼻腔(鼻の奥)が狭いと挿入することができないことがあります。
    この場合口からの検査に切り替えることがあります。
  2. まれに検査後に鼻血が出ることがあります。
    不明な点があれば担当医にご相談ください。

  • かかりつけ医検索システム
  • 地域医療支援病院
  • 大阪府がん診療拠点病院
  • 病院情報の公表
  • ドクター紹介
  • 済生会千里病院公式facebook