糖尿病内科

糖尿病内科

糖尿病治療においては、近年進歩が著しく、新しい薬などが多く出てきております。また糖尿病合併症に対する予防、治療の進歩もみられ新しい診療が行われています。糖尿病内科では、これらの最新の診療を実行しております。薬の投与においても新しい数々の新薬も取り入れており、最適の治療を心掛けています。糖尿病は自覚症状が少ないことが多く、治療への意欲が湧きにくいこともありますが、わかりやすい説明も心掛けております。

糖尿病内科では以下のことを行っています。

  • 外来における、各種糖尿病治療を行っています。食事療法の栄養指導、検査により安全性を確認した運動療法の説明をしております。これらにて糖尿病のコントロール不十分の場合は、さらに薬物療法を加えます。入院治療も行っています。
  • 糖尿病の合併症を調べます。糖尿病合併症とは、三大合併症といわれる、神経障害、腎障害、網膜症と、動脈硬化による狭心症、脳梗塞、下肢(足)の動脈硬化症等です。これらを診察、各種検査にて調べます。これら合併症が認められた場合は、他科とも協力して治療にあたります。
  • 糖尿病治療にはその知識が重要です。そのため糖尿病教育入院をしています。入院の上糖尿病の検査、治療のみならず各職種によるわかりやすい講義なども行います。1~2週間の教育入院や、忙しい方のための金曜日入院、日曜日退院の2泊3日の教育入院も行っています。
  • 必要な場合には、入院、外来にて、糖尿病のインスリン導入また新しい薬であるGLP-1誘導体開導入を行っています。
  • 糖尿病知識普及のための糖尿病教室を月1回行っています。これはどなたでも参加いただけます。
  • 当院の(千歩会)に参加いただければ、総会、患者会雑誌などにより糖尿病の情報が得られます。
  • メタボリック・シンドロームにも対応しております。
    健康診断でメタボといわれた方は、外来で動脈硬化の各種検査および治療を行います。
  • 糖尿病合併症対策として重要な、糖尿病透析予防外来とフットケア(足について)外来を行っています。

  • かかりつけ医検索システム
  • 地域医療支援病院
  • 大阪府がん診療拠点病院
  • 病院情報の公表
  • ドクター紹介
  • 済生会千里病院公式facebook