循環器内科

当科の特色

  1. 当院は日本循環器学会認定循環器専門医研修施設であり、北摂地域における基幹病院として循環器疾患全般に対する医療を行っています。
  2. 迅速な対応が要求される急性心筋梗塞などの集中治療や緊急カテーテルに対しては、千里救命救急センターとタッグを組んで看護師・臨床工学技士・診療放射線技師のサポートの元、24時間365日体制で対応しています。
  3. 急性期を離脱した後は心臓リハビリテーションを導入し、自宅退院を目指して多職種で包括的に支援しています。
  4. 心臓弁膜症などの外科手術に関しては大阪大学医学部附属病院心臓外科、国立循環器病研究センター、桜橋渡辺病院などと連携を取り治療にあたっています。
  5. 当科は下記学会の施設認定を取得しております。
    ・日本循環器学会認定循環器専門医研修施設
    ・日本超音波医学会認定超音波専門医研修施設
    ・日本心血管インターベンション治療学会研修施設
    ・日本脈管学会認定研修施設
    ・日本核医学会専門医教育病院

対象疾患

虚血性心疾患(狭心症、急性心筋梗塞)

心臓(心筋)を栄養する冠動脈に動脈硬化が起こりそれより心筋に血液不足(心筋虚血と言います)が生じたときに胸痛を起こす病気の総称。

  • 狭心症
    冠動脈が動脈硬化で狭窄しており、運動などにより一過性に心筋虚血を生じて胸痛や胸部圧迫感などを起こす(労作性狭心症と呼びます)。痛みはしばしば左肩や腕、顎、みぞおちや胃の痛みを感じる方もおられます。また、冠動脈がけいれんすることで狭窄する冠攣縮性狭心症もあります。検査は運動負荷心電図検査(トレッドミル検査)や心筋核医学検査などで心筋虚血を同定する方法と冠動脈造影CTにより非侵襲的に冠動脈狭窄を評価する方法があります。狭心症が疑わしければ入院にて心臓カテーテル検査を行います。冠動脈に狭窄を認める場合にはその場でカテーテル治療(経皮的冠動脈形成術:PCI)を行うか、バイパス手術が適応かを判断します。当科では原則手首の動脈(橈骨動脈)からカテーテル検査を行い、できる限り同時にPCIを行うように身体への負担軽減に努めております。
  • 急性心筋梗塞
    冠動脈に動脈硬化で狭窄が起こり、その部位に血管内のプラークと呼ばれる脂肪などの固まりが破れて血の塊(血栓)がつまり閉塞して心筋が壊死する病態です。冷汗を伴うような強い胸痛が20分以上続きます。発症から6時間以内に血流を再開しないと閉塞部位の心筋は完全に壊死します。心筋梗塞の治療は発症からできるだけ早く閉塞血管を再疎通できるかが重要になります。
閉塞性動脈硬化症

加齢や高血圧、高コレステロール血症、糖尿病、喫煙などが主な原因で、冠動脈以外の末梢動脈(下肢動脈、腎動脈、鎖骨下動脈など)に動脈硬化で狭窄を生じ、さまざまな症状を呈する。

  • 下肢閉塞性動脈硬化症
    歩行により足の痛みやだるさを感じ、休むと改善する間欠性跛行が主な症状です。腰椎疾患との鑑別が必要になり、足関節上腕血圧比(ABI:ankle brachial pressure index)検査が重要です。つまり、足関節と上腕で測定した血圧の比で、正常人では、下肢(足関節)血圧が上腕血圧より高くなりますが(ABI≧1)、下肢動脈硬化にて足関節の血圧が低下し、ABIが低下(ABI≦0.9)すると下肢閉塞性動脈硬化症を疑い、下肢動脈造影CT検査やカテーテルによる造影検査を施行します。
不整脈(上室性頻拍症、心房細動、心室性不整脈、徐脈性不整脈)

脈が突然速くなったり(頻脈)、脈が遅くなったり(徐脈)、脈の間隔がばらばら(脈不整)になったりする状態で、それにより動悸や息切れ、ふらつきなどの症状が出ます。心不全や脳梗塞、突然死の原因となる不整脈もあります。心エコー検査で不整脈の原因となる心臓疾患の検索や24時間ホルター心電図検査で日常生活内の心電図と自覚症状を観察し、症状があるときに不整脈の心電図が特定されている場合、頻脈の場合は電気生理学的検査を行った上でカテーテルアブレーション治療を検討します。徐脈の場合はペースメーカ治療を検討します。また、原因不明の失神に対しては植え込み型ループレコーダーを装着して不整脈の追跡を外来で行っております。

心不全

心臓は体中のあらゆる臓器に酸素と栄養がいきわたるように血液をポンプのような働きで全身に送っております。心不全とはいろいろな理由で心臓のポンプ機能が低下することで全身に十分な血液を供給できない状態を示す症候群です。症状は、息切れや疲れやすさ、尿量が少なることで体に水分がたまり体重が増えます。水分がたまるとむくみ、特に下肢にむくみがでます。そのため症状を改善させて、基礎心疾患の精査と病態評価に努め、その結果で治療法を検討します。超高齢化社会をむかえた日本では虚血性心疾患などの動脈硬化疾患よりも心不全・心房細動の発生数が多く(80-84歳の心不全発症数は75-79歳の約2.5倍)、今後急激に心不全発症率が増加すると予想されるため、心不全終末期緩和療法も含めた包括的な加療が重要になってきます。

(心不全の原因となるような疾患)

高血圧性心疾患、拡張型心筋症、虚血性心筋症、肥大型心筋症、弁膜症(大動脈弁狭窄症、大動脈弁閉鎖不全症、僧帽弁狭窄症、僧帽弁閉鎖不全症など)、感染性心内膜炎など

(具体的な治療法)

  • 急性期の集中治療(循環作動薬の持続点滴投与、人工呼吸器装着、補助循環装着など)
  • 薬物治療
  • 心臓リハビリテーションおよび心不全教育
  • 虚血性心疾患に対するPCIやバイパス手術
  • 不整脈に対するカテーテルアブレーションやペースメーカ手術
  • 弁膜症に対する外科的手術やカテーテル手術
  • 心筋症に対する外科的手術やカテーテル手術
  • 睡眠時呼吸障害に対する酸素療法
大動脈疾患(動脈瘤、動脈解離)

突然の胸背部痛で発症する急性大動脈解離や偶然見つかることもある胸腹部大動脈瘤は外科的手術の適応を検討します。適応がある場合には前述の大阪大学医学部附属病院心臓外科などへ紹介し、適応がない場合には安静と降圧加療を行います。

肺血栓塞栓症・下肢静脈血栓症

主に下肢静脈に血栓ができ、その血栓がはがれて肺動脈を詰める(急性肺動脈血栓塞栓症)病気で、いわゆるエコノミークラス症候群のことです。自覚症状は片側性の下腿浮腫や労作時息切れなどで、下肢静脈エコーや造影CT検査で診断します。治療は抗凝固療法(点滴や内服)、場合によっては、血栓塞栓予防のために下大静脈フィルターを留置します。

検査治療実績

2018年(2018年1月~2018年12月)

心臓カテーテル検査 心臓カテーテル検査 661
経皮的冠動脈形成術 328
経皮的末梢動脈形成術 22
冠血流予備量比(FFR) 33
電気生理学的検査(EPS) 5
経皮的カテーテルアブレーション 9
ペースメーカ植え込み術など 47
下大静脈フィルター留置術 4
放射線検査 冠動脈造影CT 286
大血管CT 83
心臓MRI 7
心筋シンチグラフィー 376
生理機能検査 経胸壁心エコー 3465
経食道心エコー 14
末梢血管エコー 969
ホルター心電図 349
運動負荷心電図 258
マスター負荷心電図 651
ABI 704
心臓リハビリテーション 新規患者数 192
のべ件数 2489
心肺運動負荷試験 162
過去7年間のカテーテル治療件数およびペースメーカ手術件数
  2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
経皮的冠動脈形成術 221 155 71 213 363 398 328
経皮的末梢動脈形成術 6 19 10 12 15 18 22
ペースメーカ留置術(新規) 31 30 17 33 32 36 39
ペースメーカ電池交換 6 6 8 9 17 15 8
カテーテルアブレーション 0 0 0 6 9 11 9

地域連携の方針

  1. 胸痛、息切れ、動悸、浮腫など心疾患はもちろん、心疾患が疑われる患者さまはお気軽にご紹介ください。土曜日午前診で診察され、対応に苦慮されるような場合でもすみやかに対応させていただきます。
  2. ご紹介いただいた患者さまは、外来や入院にて検査・治療を行い、病状が安定しましたら先生方へ逆紹介させていただきます。ご不明な点や病状に変化がでるようでしたらいつでもご連絡いただければ対応させていただきます。
  3. 当科は委託検査としてホルター心電図、経胸壁心エコーを行っております。冠動脈造影CTに関しては、撮影条件とβ遮断薬の前投与が必要なことから委託検査は行っておりませんので、当科外来へご紹介ください。
ご連絡先

患者支援センター
Tel 06-6871-0121 (代表) 内線番号375 もしくは 398
Fax 06-6871-5715 (直通)


  • かかりつけ医検索システム
  • 地域医療支援病院
  • 大阪府がん診療拠点病院
  • がん総合診療センター
  • 病院情報の公表
  • ドクター紹介
  • 済生会千里病院公式facebook
  • 地域連携 千里eサークル
  • 臨床研究に関する情報公開