がん総合診療センター

薬剤師のがん薬物療法相談窓口

外来で受ける治療は、入院治療のように医師、看護師、薬剤師など病院スタッフが常に近くにいるわけではありません。そのため、患者さん自身が抗がん剤の正しい知識を持ち、副作用の種類や出現時期とその対策を理解して治療を進めていく必要があります。
がん薬物療法相談窓口では、抗がん剤に対する理解を深め、外来治療を安全かつ効果的に、また少しでも安心して治療を受けていただけるように、がん薬物療法の専門的な知識を持った薬剤師が患者さんと一緒に考えサポートしていきます。

対象となる方

  • 外来で内服抗がん剤が開始予定となった患者さんで、事前に十分な説明を受けたいと希望される方
  • 外来で内服抗がん剤を服用中の患者さんで、服用状況や副作用の対処法について不安がある方
  • 主治医から薬剤師の説明を受けてみるよう勧められた方                 など

初めて抗がん剤の治療をされる方

初めて治療を開始される患者さんには、治療のスケジュール、お薬の使い方、現れやすい副作用とその対策を説明させていただきます。また、現在服用中のお薬があればその内容も合わせて、これから始まる治療薬との飲み合わせも確認します。

継続して治療されている方

継続して治療されている患者さんには、お薬を正しく服用できているか、残数に過不足がないかどうかを確認させていただきます。また、副作用の確認とともに、その対策についてセルフケアを指導し、必要であれば主治医へ副作用対策のための処方を提案してその効果の確認まで行います。

なお、がん薬物療法相談窓口を利用するには主治医からの依頼・予約が必要になります。ご希望の際は主治医までご相談ください。

面談曜日 月~金 AM10:20~11:00、PM3:00~3:40、3:40~4:20 各1名ずつ
面談場所 地下1階 薬剤部

薬剤師のがん薬物療法相談窓口


  • かかりつけ医検索システム
  • 地域医療支援病院
  • 大阪府がん診療拠点病院
  • がん総合診療センター
  • 病院情報の公表
  • ドクター紹介
  • 済生会千里病院公式facebook
  • 地域連携 千里eサークル
  • 臨床研究に関する情報公開