がん総合診療センター

化学療法チーム

チーム紹介

化学療法チームは、吉岡節子外科部長をチーム長として、多職種からなる構成員で運営しています。化学療法関連の現場で困難な事例や、改善点を主に話し合っています。
化学療法は外来中心となるため、外来での質の向上はもちろんのこと、入院から外来への情報伝達や入院導入期での関わりなど、誰もが安心して化学療法を施行できる体制を整えるための検討を重ねています。そしてチーム員それぞれがコアメンバーとして、各部署へ周知できるように工夫しています。
各構成員の立場での見地を現場で活かし、患者さんも職員もより安全に安心できる化学療法の施行を目指しています。

チームの目的

  • 外来と病棟間の連携を図り安全・確実・安楽な化学療法の遂行
  • 医師、看護師、薬剤師、ソーシャルワーカーとの連携によるチーム医療の推進

チーム活動内容

  • 病院内の化学療法の均質化のためのマニュアルの作成・見直し
  • 化学療法におけるスタッフの知識向上のための勉強会
  • 各部署からの意見交換
  • チームの意見を化学療法運営委員会で再検討

メンバー構成

外科医、がん化学療法看護認定看護師、がん薬物療法認定薬剤師、看護師、薬剤師

化学療法を受けられる方へ必要に応じてお渡ししています


  • かかりつけ医検索システム
  • 地域医療支援病院
  • 大阪府がん診療拠点病院
  • がん総合診療センター
  • 病院情報の公表
  • ドクター紹介
  • 済生会千里病院公式facebook
  • 地域連携 千里eサークル
  • 臨床研究に関する情報公開