地域医療連絡室

地域連携パスについて

地域連携パスは、連携医療機関と当院が、地域連携診療計画に基づき、患者さんの診療情報を共有することで、スムーズな連携となり切れ目のない診療を行うことができます。

患者さんの病状が安定していて、定期的な簡易検査・投薬・日常の診療などは、連携医療機関をご利用いただきます。そして、一定期間を決めて、専門的な診療・特殊な検査・緊急時などは当院を受診していただきます。 このような連携をとることで、治療計画に基づいた診療を受けることが円滑になり、患者さんの視点に立った安心で質の高い医療を提供することができます。

現在稼働中の地域連携パス
  • 大腿骨頚部骨折地域連携パス
  • 糖尿病地域連携パス
  • 大腸がん術後地域連携パス
  • 乳がん術後地域連携パス
  • 胃がん術後地域連携パス
  • 胃がんESD地域連携パス
  • 肝がん治療後地域連携パス
  • 急性心筋梗塞地域連携パス
地域連携パス運用のイメージ