理念・基本方針

患者さんの権利と責務

患者さんの権利と責務 (患者さん-医療者のパートナーシップの強化)

  1. どなたにでも常に人格を尊重し、良質で安全な医療を公平に提供します。
  2. あなたの病気やその診療について、わかりやすい言葉で詳しく説明をするよう努めています。もし、わからないところがあれば質問してください。
  3. あなたが気になること、疑問に思うこと、希望することなど、遠慮なくご相談ください。
  4. 他の医師の意見(セカンド・オピニオン)や他の医療機関に転院を希望される場合は、おっしゃってください。
  5. 治療方法などをご自分の意思で決めていただけるよう、十分な説明と情報提供を行います。
  6. 診療の過程で得られた個人情報の秘密を守ります。また、病院内での私的な生活が、可能な限り他人にさらされず、乱されないように努めます。
  7. 良質な医療を提供するため、あなたの健康に関する情報をできるだけ正確に伝えていただくようお願いします。
  8. すべての患者さんが適切な医療を受けられるように、他の患者さんの診療に支障をきたさないよう、ご配慮をお願いします。
  9. お互いに理解を深め、ともに治療を進めていきましょう。