認定・指定

大阪府がん診療拠点病院

大阪府がん診療拠点病院の指定

大阪府では、府民の皆さまががんに罹患したときに質の高い「がん医療」を受けることのできる医療機関を選択できるよう、要件を充足した病院をがん診療拠点病院として指定しています。当院は、基本方針に「地域の中核病院として、また急性期医療の実践により地域医療に貢献できる病院の実現」を掲げており、がん診療に関しても積極的に取組み、診療実績を上げるべく努力しております。その結果、平成22年4月1日より大阪府がん診療拠点病院として指定を受けました。

大阪府がん診療拠点病院の役割

  1. 集学的治療体制の提供
    5大がん(肺がん・胃がん・肝がん・大腸がん・乳がん)を中心に、手術、化学療法、放射線治療、緩和医療などの充実を図っています。当該診療科のみならず、さまざまな部門を含めたカンファレンス等を行うことによって、患者さんに質の高いがん医療を提供する役割を担っています。
  2. 地域連携によるサポート
    当院の登録医療機関等との連携を図り、早期発見から治療につなげていきます。地域の医療機関との連携を充実させることで、患者さんの生活に密着したがん治療が継続できるようにしております。関連医療機関との情報交換、勉強会なども活発に行います。
  3. がん相談支援体制
    生活に密着したがん治療を行いながら、患者さんの就労支援、生活支援などを多角的に行っていきます。情報コーナーの充実、患者サロンや患者さん向け勉強会なども行いながら、患者さんが不安になることなく治療が続けられるよう相談支援体制を充実していきます。

当院の取組み

  1. がん相談支援
    患者さんやご家族が抱える「がん」に関するさまざまな不安や悩みについてソーシャルワーカーが窓口となり、がん相談支援センターにてご相談をお受けしています。また、がんに関する地域連携パスについてのご説明も行っています。秘密は守ります。相談は無料です。
    >詳細についてはこちら
  2. 緩和ケアチーム
    がん医療の診療を受けておられる患者さんやご家族に、治療中や治療終了後に日常生活の質(=QOL)を低下させる症状や療養上の問題点が出てくることがあります。当院ではこうした問題を解決するために、医師・看護士・薬剤師などで構成された「緩和ケアチーム」を作っております。 がんと診断された直後から治療中・治療後に至る間のどの時期でも、がんと付き合い、自分らしく過ごせるようにサポートしていきます。
    >詳細についてはこちら
  3. 各種がん検診
    がんの早期発見・早期治療のため各種がん検診を実施しております。
    ※各種がん検診は吹田市の制度を活用しております。
    >詳細についてはこちら
  4. 院内がん登録
    院内がん登録とは当院でがんの診断・治療を受けた入院患者さんについて、がんの情報(部位、組織型など)、治療情報、予後情報を収集し登録する仕組みです。収集された情報を集計・解析することによって、がん診療の実態を把握し、がん診療の質の向上につなげ、がん患者さんの支援などに役立てることができます。
    当院では、国立がん研究センターが認定した「がん登録実務初級・中級認定者」が登録を行っております。
    ※院内がん登録により得た個人情報は、法令および当院の個人情報保護方針に基づき適正に取扱いし、保護、管理しております。
    >詳細についてはこちら
  5. 臨床試験
    安全性・有効性を含めた最良のがんの治療法や診断法の確立を目的に、患者さんのご協力のもと、多施設共同で臨床試験を行っております。
    >詳細についてはこちら(成人病センター・臨床試験検索システム)

がんに関する外部情報サイト

  1. がん情報サービス独立行政法人国立がん研究センターがん対策情報センター
  2. 大阪がん情報提供コーナー大阪府立成人病センター
  3. 吹田市各種がん検診吹田市ホームページ
  4. 豊能医療圏がん医療ネットワーク協議会豊能医療圏がん医療ネットワーク協議会